今日もひねもす撮り鉄日和

好きなことを好きなだけ をモットーに、晴天順光至上主義な管理人がまったりお送りしております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15ダイ改前の富山遠征その2 地鉄の新顔

前回

こんばんは。P4です。梅雨ですねぇ。
そろそろ梅雨明けの足音が聞こえてきてほしい今日この頃。
ついでにドラゴンズの調子も上向いてきてくれるとよいのですがねぇ。

さて、2015年3月4日の旅行記です。
前回からだいぶ間が空いてしまいましたが、特にネタもないので続きを書いていきます。

8:10に黒部行の475系を見送り、約1時間後の折り返しまで地鉄を撮影することにしました。
朝ラッシュの終わりがけだったため、電鉄富山に向かう列車はかなり多く、折り返して入庫していく列車も数多くありました。

移動して早々、電鉄富山からダブルデッカー込みの10030系が入庫していきました。
あわよくば撮影できれば・・・とは思っていたので、出会えてラッキーでした。
ぜひいつか、これに乗って温泉旅行かアルペンルート旅行をしてみたいものです。
DSCF3051.jpg
8:17 稲荷町付近にて

しばらくすると、不二越・上滝線から地鉄の新顔が!
まぁ導入されて1年は経過していますが、私が見るのは初です。
東急時代をあまり知らない私が言うのも何ですが、なかなかに馴染んでいるような気がします。
4扉はどう見ても余分ですが(笑)
DSCF3060.jpg
8:26 稲荷町付近にて

この湘南顔の14720形、結構たくさんいるイメージだったのですが実は少ないのですね。
第1編成は廃車され、この第2編成が最後の生き残りなのだそうです。
1962年製造で御年53歳。地鉄きっての長老です。
1961年製造開始のパノラマカーとほぼ同世代で日本車輛生まれということは、豊川で顔を合わせていたのかもしれませんね。
DSCF3075.jpg
8:52 稲荷町付近にて

3連の輸送力列車も見ることができました。
入れ替えのためか、車庫の奥からこの位置まで一旦出てきていました。
調べてみるとこの10020形もこれが最後の1編成で、付随制御車であるクハ175形と組んでラッシュ時限定運用についているのだとか。
反対側の顔も拝見したかったのですが残念ながら叶わず。
DSCF3079.jpg
8:53 稲荷町付近にて

一部界隈では「お局様」と呼ばれる14760形。何度見ても乗っても本当に名車だと思います。
この顔を見ると、「富山に来たなー」と感じます。
1980年前後の製造で、大体名鉄6000系やJR117系と同世代に当たります。
今後もまだまだ頑張ってほしい車両です!
DSCF3086.jpg
9:01 稲荷町付近にて

不二越・上滝線に16010系が入ることがあるとは知りませんでした。
冬季の閑散期だからだと思いますが、特急のイメージが強い分違和感があります。
ワンマン対応によって運用範囲が広がり、効率化にも繋がった例なのでしょうか。
DSCF3089.jpg
9:06 稲荷町付近にて

これを撮影後、JRの撮影地に戻って475系の折り返しを撮影。
7時台よりだいぶ明るくなってくれました。
色はともかく、デカ目はやはり良い・・・
DSCF3094.jpg
9:23 東富山~富山にて

これを持って撤収し、稲荷町からまた地鉄に一駅乗車して富山駅へ。
ラッキーなことに新顔の17480系に乗れました。
電鉄富山に着くと3種並んでいたのでさくっと撮影。
富山地鉄初のステンレス車両、今後も末永く元気に走り続けてもらいたいですね。
DSCF3104.jpg
9:42 電鉄富山にて


この後はJR富山駅へ向かい、はくたか&北越の撮影へ。
つづく

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。