今日もひねもす撮り鉄日和

好きなことを好きなだけ をモットーに、晴天順光至上主義な管理人がまったりお送りしております

14.9.22 青空と真紅 その2

内海行の特急を見送った後は、逆から名古屋行がやって来ます。
陸橋から降りて、線路際に立ってみることにしました。
無駄に遠回りでしたがここも非常にすっきりした編成写真が撮れるので、30分後の河和行特急までここで撮影することに。

待避線の普通、列車を待つ乗客、そしてそこに滑り込んでくるSRというイメージで一枚。
着席定員は随一のSR、車内はその本領発揮となるのでしょうか。
DSCF2410.jpg
14:47 5705F & 3115f

走り去るところを後撃ちで。ちょっと早切り過ぎた感が。
DSCF2417.jpg
14:49 5705F

待避していたダラが出発すると、遠くには知多半田行ダラのヘッドライトが。
隣の坂部駅辺りですれ違い、やがて出発。
夏場の定番ですが、超望遠の陽炎マシマシで撮ってみました(笑)
DSCF2422.jpg
14:52 3115F & 3527F

知多半田行ダラはかなり望遠気味に撮ってみました。
ピン甘なのは置いといて、切り位置の関係でケーブルの影がどうしても目立つような・・・
これだけ周りが開けてるのにこんな望遠で撮るのももったいないような。
DSCF2426.jpg
14:54 3527F

というわけで、後続の急行は標準系でひとつ。大体80mm前後です。
S値1/1200で一発勝負、この緊張感がたまりません。
この切り位置ならケーブルの影も目立たず、青赤のコントラストが美しい!
DSCF2428.jpg
14:56 6029F

6029Fの構図で15分後のSR特急もやろう、と決定してしばし待ちます。
逆からやって来た急行を後撃ちで。
SR特急の後撃ちもこう撮りたかった・・・^^;
DSCF2432.jpg
15:01 6508F+68??F


というわけで、線路際でのSR特急は次回!
つづく!

管理者にだけ表示を許可する