今日もひねもす撮り鉄日和

好きなことを好きなだけ をモットーに、晴天順光至上主義な管理人がまったりお送りしております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11夏の北陸遠征 1日目

大学のサークルの合宿のため、しばらくネット環境から離れていました。
というわけで、8月末の北陸遠征、今日は1日目の報告です。

写真多めの文章少なめでお送りします。

朝、おはよう放送が5時50分ごろにあるとのことで、5時40分ごろ起床。
録音も無事完了し、列車はほどなく直江津に到着。
10分ほど停車するとのことなので、ホームに出て撮影。
朝陽を浴びて輝いている姿は誇らしげですねー。
P8281238.jpg
5:59 直江津にて

この後は柏崎まで車窓に流れる日本海の眺めを楽しみつつ過ごしました。
寝台の下段をとっておいてよかったw
柏崎を過ぎると内陸へと入り、新潟県第二の都市長岡に到着。
ここでも10分少々の停車時間があったので、撮影と朝食の調達をば。
P8281244.jpg
7:19 長岡にて

延々と田んぼが広がる車窓を眺めつつ、列車は終着新潟へ向けひた走ります。
車内の様子なども撮影しましたが、ここでは自分が一晩過ごした後の寝台の様子でもw
ベッドが座席ということで少々凹凸がありましたが、それほど気にはなりませんでした。
お見苦しいのは承知の上で実態ということでw
P8281252.jpg
8:11

小テーブルには当然のように栓抜き、灰皿にはJNRマークと、自分にとっては新鮮なものばかり。
一度は実際に使ってみたいものですw
P8281254.jpg
8:12

大阪~新潟の乗車券と急行+寝台券、〆て16590円。
価格に見合っているかと聞かれると疑問を感じてしまうのは致し方ないところかもしれませんが、思っていた以上に快適な旅路でした。
P8281256.jpg
8:13

一晩お世話になったのは、モハネ583 87でした。
この国鉄字体のプレートも何ともいえず味がありますね。
P8281259.jpg
8:18

新津からは快速となりますが、寝台に乗っている自分には関係なし。
亀田を出て新潟到着前の放送はばっちり録音させてもらいました。
いつか公開する…かも?

新潟に到着すると、反対のホームには接続をとる秋田行特急「いなほ」が。
お互い塗装は違えど国鉄時代の2大特急車。
特急マークが誇らしげです。
P8281266.jpg
8:36 新潟にて

しばらく撮影していると、運転所への引き上げのため尾灯から前灯へ変わりました。
かっこいい、そして長い!
P8281269.jpg
8:37 新潟にて

顔をどアップで、好きな角度で切り取ってみました。
精悍でいてどこか愛嬌のある顔つきですねー。
P8281273.jpg
8:39 新潟にて

一旦改札を出てから青春18きっぷで入り直し、普通列車に乗って再び来た道を戻ります。
長岡で乗り換えてたどり着いたのは…
P8281281.jpg
12:42 水上にて

というわけで、水上でD51を見学、水上発車の爆煙を頂いちゃおうという算段。
発車まではまだまだ時間があるので、見学スペースへと移動してさっそく撮影。
曇ってきてしまっていましたが、光線を気にしなくてよかったので逆に吉と出たかも。
P8281290.jpg
12:58 水上付近にて

いつ以来かも覚えていないSL撮影。
3年ぶりくらいですかね…
でかい、ごつい、そして黒い!
P8281296.jpg
13:04 水上付近にて

見学スペースはこんな感じ。
P8281298.jpg
13:05 水上付近にて

望遠で真正面をドカン。
P8281299.jpg
13:08 水上付近にて

反対側からも。
P8281301.jpg
13:11 水上付近にて

駅付近の店で昼食をとり、まだ時間はありましたが定番ポイントで三脚を立てて待つことに。
これまた貴重な115系湘南色。静岡で見たなぁ…
P8281305.jpg
13:59 水上付近にて

待つこと1時間あまり、ようやくD51が姿を現しました。
まずは機回しということで並びのシーンが展開。
P8281314.jpg
15:04 水上付近にて

そして眼前へ。
やはり蒸気は動いていてこそ、ですねー。
P8281315.jpg
15:05 水上付近にて

通り過ぎたあと、折り返して客車の待つホームへ。
単機の入れ替えにしては煙の出は上々。
これは発車直後の爆煙にも期待が高まります。
P8281319.jpg
15:08 水上付近にて

と、ここで反対のホームに北越急行のゆめぞら号が到着し、入れ替えのためこちらへやってきました。
多客臨時のため越後湯沢~水上で運転されている「上越線ゆめぞら号」です。
普段は決して顔を合わせることのない2者、それなりに珍しいシーンですかね?
P8281322.jpg
15:10 水上付近にて

15:22の発車まで約10分、モクモクと黒煙を上げている様子に期待も高まり…
P8281325.jpg
15:14 水上付近にて

そしていよいよ発車時刻となり、汽笛を鳴らしつつ発車しゆっくりと眼前へ・・・あれ?
P8281330.jpg
15:22 水上付近にて

ええええええええwwww
P8281331.jpg
15:23 水上付近にて

そして茫然としたままの眼前を通過…
煙うすっ!!
P8281332.jpg
15:23 水上付近にて

茫然としたまま撤収し水上駅へ。
改札をくぐり待ち受けていたのは・・・
P8281339.jpg
15:33 水上にて

というわけで、「上越線ゆめぞら4号」に乗車しいざ越後湯沢へ。
この列車の運転があったから水上に来れたわけで、もしもなかったら水上で数時間待ちぼうけを食らうことになってたりw
まぁそこまで加味しての水上詣でだったわけですが。

15:36に発車し、湯檜曽を出るといよいよ長大トンネル区間に突入。
初体験のゆめぞらの上映に感激しつつ、やがて列車は土合駅に停車。
観光列車ということで、ここで6分間の停車時間がありました。
列車から外に出た瞬間、驚いたのはその涼しさ。
半袖では少し肌寒いほどの温度で、何とも不思議な感覚でした。
P8281345.jpg
15:48 土合にて

ゆめぞら号@土合というのもなかなかレア?
P8281348.jpg
15:48 土合にて

一度は登ってみたいものではあるけれど…列車本数がなぁw
P8281349.jpg
15:49 土合にて

6分の停車時間はあっという間に過ぎ、車内では上映が再開。
写真で表現できるようなものではないのですが、雰囲気だけでも。
P8281357.jpg
15:57 ゆめぞら号車内にて
P8281361.jpg
16:04 ゆめぞら号車内にて

30分少々の乗車はあっという間に終わり、列車は越後湯沢に到着。
接続する普通列車に乗って長岡へ、そのまま今宵の宿泊地である新潟へ…
というところで、まだ時間があったので東三条に降り、弥彦線~越後線経由で新潟へ向かってみることに。
夕焼けに輝く2本のレール、こんな光景に似合うのはもちろんテールライト…
P8281368.jpg
18:12 東三条にて

東三条を出た列車は単線高架を軽やかに走り抜けていきます。
ちょうど線路の正面に夕陽が沈んでいく光景に出合うことができました。
ここでもやはり主役は2本のレールですね。
P8281370.jpg
18:17 北三条付近にて

その後、吉田での4本の列車が集結する接続に感動し、夕闇迫る越後線を新潟へ。
新潟で宿泊となりました。

翌日は朝から撮り鉄を満喫する一日…
というわけで、次回お楽しみに…して下さる方がどのくらいいるか分かりませんが、まぁそのうち更新しますw

ではー。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。