今日もひねもす撮り鉄日和

好きなことを好きなだけ をモットーに、晴天順光至上主義な管理人がまったりお送りしております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR撮影地ガイド 岐阜~木曽川(木曽川カーブ)

こん○○は。相変わらずのテスト中なはずなP4です。
ところがどっこい、明日はTX甲種が地元を通過。しかもセンゴック牽引。しかもHMつきなんだそうな。
テスト中にそれって…orzせめて1週間後なら…
などと思いつつ、結局出撃するつもりではいるわけですが(爆
ま、木曽川カーブなんかは激パでしょうが仕方ないです。地元民としてあの場所ははずせないですし。
さてさて、というわけで今日の記事はその「木曽川カーブ」の撮影地ガイドです。

これでとりあえず全ての記事カテゴリに1つ以上は記事ができたことになるのか…?
と思ったら、「その他鉄道ネタ」ってのがゼロですね。まぁそれはほっといて、と(ぁ


作例1 2008年1月26日 10:10撮影 EF65 1077+ホキ+タキ
コピー ~ P1262616-2

作例2 2007年12月16日 8:04撮影 EF210 10+東武鉄道50070系
PC162153-2

場所:岐阜~木曽川 地図
撮影対象:東海道本線上り列車
順光時間:午前中
レンズ:自由(~中望遠)
定員:ほぼ∞
アクセス:木曽川駅から徒歩15分(名鉄黒田駅から徒歩10分)

木曽川を渡りきって大きくカーブを描きながら坂を下ってくる上り列車を撮影できる撮影地です。
短編成から長編成まで自由自在ですが、作例2のように横がちに撮る場合、14~15両以上の列車(長編成の高速貨物など)は編成後部が隠れてしまいます。

EF66牽引のワム貨物3170レは9:20ごろ、EF65牽引のホキ貨物5780レは9:50ごろの通過です。
他にも多くのコキ貨物が順光時間に通過します。


作例3 2007年8月1日 10:34撮影 EF65 1082+ホキ
コピー ~ P8011415

作例4 2007年10月20日 10:43撮影 G??
コピー ~ PA201380

場所:作例1・2とほぼ同じ
撮影対象:東海道本線下り列車
順光時間:夏場の日の出直後のみ(実質順光時間なし) 午前中側面順光
レンズ:自由(~中望遠)
定員:ほぼ∞
アクセス:作例1・2と同じ

作例1・2の場所から少し岐阜方へ移動すると、今度は木曽川へ向け坂を登ってくる下り列車を撮影できます。
こちらの場合、木曽川方には踏切があるため、長編成のコンテナ貨物の撮影はやや難しそうです。
ただし、作例3の臨時ホキ8785レや、毎週2日運転のEF65岡機牽引8565レなどはそれほど編成が長くないため、きれいに収めることができます。
作例4はさらに線路から離れて横がちに撮影した場合です。

EF65牽引の臨時ホキ貨物8785レは10:35ごろ、EF65岡機牽引の臨貨(荷はランダム)8565レは9:20ごろの通過です。
8785レは臨時列車ながらほぼ毎日運転していますが、8565レは基本的に水・日曜日の運転となります。


~以下、作例1・2・3・4全てについて~

周りは一面田んぼで、初夏は水鏡、夏は新緑、秋は稲穂、冬は雪景色など、季節感あふれる写真をモノにすることができます。
もちろん流し撮りも可能です。
とにかくとても自由度の高い撮影地なので、色々と構図は工夫してみてください。
作例1・2の構図はそれなりに有名なので、甲種輸送が通過する日や5780レにネタガマが入った日などは混雑することもあります。
とはいえ場所はとても広いので、撮影できないということはまずないでしょう。


と、こんな感じで加筆・修正しつつ旧館の記事を移設してみました。
今の時期は田植えの真っ最中なので、水鏡が狙えるころでしょうか。
また、日が長くなってきたので、高感度撮影が可能なカメラなら、「富士・はやぶさ」も撮影可能な被写体です。
通過は午前5時過ぎとなりますが、早起きして撮影する価値はありそうです^^

では、今日はこの辺で…
スポンサーサイト

MIDIと音源に関する考察

こん○○は。一応テスト期間中なはずなP4です(ぉぃ
やっぱり、人間は切羽詰まると、無性に掃除とかブログ更新とかしたくなる生き物なんですね(ぁ

さて、今日の記事は自分用の覚え書きも含め、MIDIの基本である「音源」というものについて考えてみたいと思います。
ちょっと前に、メッセで某氏に音源による違いについて解説したんですが、そのmp3データを使って比較してみます。

~まず「音源とはなんぞや?」という方のために~
MIDI音源とは、言ってみれば音楽を演奏する「オーケストラ」のようなものでしょうか。
音源の中には一般的に127種類+αの楽器(MIDIでは「音色」と言いますが)があり、その中から必要な楽器を選んで演奏してくれる、というわけです。

それで、MIDI音源の違いというのは、音楽を演奏する「オーケストラの違い」なわけです。
データを作る人は「指揮者」の役割をするわけですが、オーケストラによって所有している楽器も違えば、音の響きも違います。
また、オーケストラによっては、安価な楽器を使っているところや最高級の素晴らしい音の楽器を使っているところもあるわけです。
その違いが「音源の違い」ってわけなんですね。

とにかく論より証拠。まずは聞き比べて頂きましょう。

GS音源で録音した場合
XG音源で録音した場合

どちらも全く同じMIDIファイルを再生して録音したものですが、随分違いがあるように感じませんか?
音の響き、重さなどは音源に大きく依存するわけです。
MIDIを配布している人が、「推奨音源」として指定したり、録音したものをmp3ファイルとして配布したりするのは、環境によって音が変わり、作者の意図した通りに鳴らないことを防ぐためなんですね。

ちなみに自分の場合、↑の2つがPCにデフォで入っていたので、「XG音源」と呼ばれる方を使っています。
GS音源で聞くと、音の響きなどが若干変わってしまいますが、まぁそこまで細かく弄っていないので許容範囲でしょう。
本格的になればなるほど音源の違いは目立ってくると言いますから、自分のMIDIはまだまだ中級以下といったところなんでしょうか(苦笑

いつか、ニコニコ動画に自分の作ったMIDIを公開するのが目標です。
まぁ今のPCでは満足いく画質・音質は不可なので、新PCを導入したらやってみたいことの一つです。

自分でもイマイチ意図がつかめない投稿でしたが、今後は音楽・動画関係の記事も投稿していくかもしれませんので。
今日の記事では、「MIDIってどんなPCでも同じように聞こえるってわけじゃない」ってことが分かって頂ければなーなんて思ってます。
では、今日はこの辺で…

「わたしは嘘をつくのがうまくなった・・・」

ども。第3回学校から更新なP4@携帯です。
朝の教室の喧騒の中で聞く寝逃げは何と言うか格別ですね(死

タイトルですが、昨日(というか今日未明ですがw)に読んだらき☆すたSSの中の一節です。
何と言うか、ものすごく心に強く響いた言葉でした。

そのSSは、かがみとこなた、そして4人がすれ違い、お互いの感情を隠しつつ表面上はいつも通りの生活を送る。
そんな中でだんだん4人は大人になっていく。
かなたがこなたを産んだときの回想。その中のそうじろうの苦悩。
そして最後にはまた4人の真の心が通じる…

というハッピーエンドながらちょっとほろ苦いネ申なSSでした。
タイトルの一節は、つかさがだんだんと自分から離れて自立していき、こなたに偽りの気持ちを告げなければならなかった時、かがみが胸中で呟いた言葉です。

「わたしはきっと大人になったんだ。
そうして、わたしは嘘をつくのがうまくなった…。」

これを読んだ時、ハッピーエンドなSSのはずなのに、なぜか涙が出そうになりました。
「大人になる」って、一体何なのか。
自分という存在はどうなのか…。
夜遅かったので、読み終えてすぐベッドに向かいましたが、なかなか寝付けませんでした。

何と言うか、一つの物語を読んでこんなにも深く考えさせられたのは久しぶりのような気がします。
しかも二次創作のSSで(苦笑

でもそのぐらい内容は素晴らしかったですし、情景描写や心情描写も素人とは思えないほどでした。

と同時に、「俺、一体何やってんだろ…」みたいな無力感も。
はっきり言って、ここまでのめり込んでしまった俺には、非二次元な生活なんて考えられません。
えぇ。完全に中毒ですよorz
半年ちょっと前の自分を思い返すと…(遠い目
せめて、「二次元だけが生き甲斐」とかいう言葉が口から出てこないことを祈るばかりです(苦笑
『「柊」って何て読むの~?』とか友人に聞いてた俺って、今考えたら何やってたんだか(ぁ

かなり支離滅裂ですが、今日はこの辺で。
二次のSSって、作者様によっては原作に負けず劣らずの素晴らしいものがありますし、原作読み終えてしまって読むものがない方にはオススメですよ?とさりげなく宣伝してみる(ぇ

P.S.タイトルが上手く送信されていなかったみたいです^^;
修正しましたが、意味不明に思われた方、スミマセンでしたm(_ _)m

何だかんだ言って写真が貯まっていくのは一番悪い症状なので

こんばんは。一応テスト一週間前なはずなP4です。
テスト前なので部活はなく、早めに帰宅してまったりしていましたが、17:35ごろふと思い出し、チャリで岐南~笠松のポイントへ。
もう5分早く気付いていれば岐阜行も撮れたのに…orz

編成写真もいいかなと思いましたが、今日の豊川急行は最後のP6スタイル7007Fなので、ちょっと前に撮った7019Fと同じ画角で流すことに。
結果は…何と言いますか、結論から言えば失敗気味なんですけれども(ぁ
比較のために前回の7019Fと並べてみます。
P5263821-2

P5153671-2

どちらも17:58 岐南~笠松にて
上:7019F 下:7007F

失敗その1
明らかにシャッター切り遅れ。そのせいで足回りにも若干草がorz

失敗その2
カーテン閉めてる人~フロントアイ辺りにシンクロしてるOTL

というわけです(ぁ
シャッター切り遅れのせいで車両が大きく写り、結果的に定点撮影なんて微塵もあったもんじゃないっすね(爆

しかしながらこうやって並べてみると、上の7007Fはどっしりとした重量感、下の7019Fはスマートな疾走感が出てくるから不思議なもんですね。
箱電じゃこうはいきませんから、この表情の変化もP車ならではですね。

では、今日はこの辺で。

1週間分まとめてドン!

こんばんは。気の利いた書き出しが思い浮かばないP4です○| ̄|_
リンク集の中のブログには、読んでて非常に楽しいブログが多いのですが、このブログはどうなのやら。
少なくとも文章読んでて楽しくはなさそうですね。えぇ(ぁ
書いてる本人がそこまで楽しくないのが何よりの証拠で(爆

さて、今日の更新は今週1週間分のパノラマをまとめてドン!です。
何だかんだ言って写真が貯まっていくのは一番悪い症状ですね(苦笑
羽島駅さんを見習わなければw 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。