今日もひねもす撮り鉄日和

好きなことを好きなだけ をモットーに、晴天順光至上主義な管理人がまったりお送りしております

15ダイ改前の富山遠征その2 地鉄の新顔

前回

こんばんは。P4です。梅雨ですねぇ。
そろそろ梅雨明けの足音が聞こえてきてほしい今日この頃。
ついでにドラゴンズの調子も上向いてきてくれるとよいのですがねぇ。

さて、2015年3月4日の旅行記です。
前回からだいぶ間が空いてしまいましたが、特にネタもないので続きを書いていきます。

8:10に黒部行の475系を見送り、約1時間後の折り返しまで地鉄を撮影することにしました。
朝ラッシュの終わりがけだったため、電鉄富山に向かう列車はかなり多く、折り返して入庫していく列車も数多くありました。

移動して早々、電鉄富山からダブルデッカー込みの10030系が入庫していきました。
あわよくば撮影できれば・・・とは思っていたので、出会えてラッキーでした。
ぜひいつか、これに乗って温泉旅行かアルペンルート旅行をしてみたいものです。
DSCF3051.jpg
8:17 稲荷町付近にて

しばらくすると、不二越・上滝線から地鉄の新顔が!
まぁ導入されて1年は経過していますが、私が見るのは初です。
東急時代をあまり知らない私が言うのも何ですが、なかなかに馴染んでいるような気がします。
4扉はどう見ても余分ですが(笑)
DSCF3060.jpg
8:26 稲荷町付近にて

この湘南顔の14720形、結構たくさんいるイメージだったのですが実は少ないのですね。
第1編成は廃車され、この第2編成が最後の生き残りなのだそうです。
1962年製造で御年53歳。地鉄きっての長老です。
1961年製造開始のパノラマカーとほぼ同世代で日本車輛生まれということは、豊川で顔を合わせていたのかもしれませんね。
DSCF3075.jpg
8:52 稲荷町付近にて

続きを読む

15.3.29 いつかの乗車を誓って

こんばんは。
本日はさくっと写真をぺたぺたと。

新金谷駅北側の踏切付近に行くと、何人かの人がカメラを構えていました。
前後の人に声をかけ、入れて頂きました。

発車時刻が迫り、黒煙を噴き上げ始めました。
「さぁいよいよ!」という緊張感が高まります。
DSCF3732.jpg
12:09 新金谷付近にて

そして12:10定時に発車。
構内踏切辺りで見送るギャラリーの横を通り過ぎたところでドレーン!
構図右側に全くヒキがないので、切らざるをえないのが残念。

ズームを引きつつ何枚か撮影し、眼前へ!
「生きてる」って感じがして本当にカッコいいです。
2枚目が一番うまくまとまってるかな?
DSCF3734.jpg
DSCF3735.jpg
続きを読む

15.3.29 活気ある中小私鉄

こんばんは。
3月下旬から雨の降る日が本当に多いですね・・・
たまの晴れ間もスカッと晴れることが全然なく、行楽地などは大変なんだろうなと思ってみたり。
晴天順光至上主義な管理人としては、早く真っ青な空の下でのんびりしたいものです。

さて、前回の続きです。
家族連れやツアー客などに混じって撮影していると、千頭方から列車が接近。
10時台に新金谷を出発し、家山で折り返してきた「EL急行」です。
この日はE101の牽引でした。これもまた魅力的な被写体です。
DSCF3675.jpg
11:45 新金谷にて

最後尾にぶら下がったSLはC10 8でした。
しかもヘッドマークは色違い。
ピーク時限定?のSL並びを撮影。うーん、何と言うか贅沢ですなw
DSCF3681.jpg
11:47

5分後、C11 227の千頭行が発車。
新カメラになって初めて動画で撮影してみましたが、アップは見送り。

そして、C10 8牽引の12:10発の列車に乗る団体客が一気にホームへ。
鉄道ファンとしてこの活気は嬉しい限りです。
DSCF3706.jpg
11:57

続きを読む

15.3.29 初訪問の大鐵

こんばんは。
豊橋に続いては1時間ほどの寄り道。
浜松で乗り換え、降り立ったのは金谷駅。
何度も車窓から見たことはありましたが、大井川鐵道は初訪問となりました。

というわけで金谷から乗車したのはこの電車。
青森県は十和田観光電鉄からの移籍車なんだそうで。
DSCF3634.jpg
11:22 金谷にて

過去写真を漁ってみたところ、廃止直前に乗車しに行った際に七百駅で休んでいるところを撮っていました!
P2232401b.jpg
2012年2月23日 十和田観光電鉄 七百にて

列車は一両に10人も乗っていないほどのガラガラでしたが、新金谷に到着するとホームには結構な人が。
なるほど、ここに観光バスで乗り入れるというわけか・・・
SL列車を新金谷始発にしたくなる理由がよく分かりましたw

11:52発のかわね路1号はC11 227牽引で、トーマス客車多めの編成でした。
恐らく定番であろう、構内踏切横から編成写真を一枚。
DSCF3646.jpg
11:34 新金谷にて

続きを読む

15ダイ改前の富山遠征その1 新幹線高架を横目に

次回

こんばんは。P4です。
帰省やら旅行やらで更新が途切れてましたが、ぼちぼち再開していきたい所存。
3月のダイヤ改正で興味深い運用もいくつか生まれたようなので、帰省の折に撮影したいと思ってます。

さて、3月4日~5日に、ダイ改直前の記録ということで富山に行ってきましたので、その旅行記を書いていきます。
葬式鉄と言ってしまえばそれまでですが、平日ということもあり意外にも同業の姿は少なかったです。
結果を先に書くと、天候には恵まれなかったものの大満足の遠征になりました。
まずは1日目の朝からスタート。

きたぐにが健在なら富山まで乗るところですが、今回はJRの夜行バスで富山入りしました。
6時前に到着し、荷物をコインロッカーに放り込んで電鉄富山駅へ。
ほぼ2年ぶりの富山でしたが、新幹線の高架はもちろん完成済、さらに市電の線路が高架下まで伸びていました。
自分の記憶にある富山駅とはかけ離れた姿に驚き、同時に北陸新幹線開業間近であることを実感させられました。
E7系もチラっと見ただけだし、関西にいると全然実感が湧かなかったんですよね(笑)

電鉄富山から地鉄に一駅乗車し、稲荷町駅から歩くこと10分ほど。
新幹線の高架をくぐったすぐ先の踏切が最初の撮影地になりました。
ここで朝方の475系を何本か待ち受けようという魂胆です。
それなりに雨が降っていたのですが、すぐ近くに新幹線の高架があるので濡れ鼠にならずに済みました(笑)
DSCF3026.jpg
7:27 富山~東富山にて

そして1本目の475系が通過。
青+白の混色編成でした。
かなり暗かったので補正かけてます^^;
475系の青坊主ってのも、かなり短命な存在になってしまいましたね。
DSCF3028.jpg
7:37 東富山~富山にて

時刻表にない時間に踏切が鳴りだしたので、何かと思ったらこいつでした。
富山貨物への回送のようですが、これは3セク後どのような扱いになるのか気になるところ。
DSCF3032.jpg
7:45 富山~東富山にて

続きを読む