今日もひねもす撮り鉄日和

好きなことを好きなだけ をモットーに、晴天順光至上主義な管理人がまったりお送りしております

特等席

パノラマカーの本線運用最末期、豊橋から岐阜まで最前列に乗りに行きました。
一つ一つの景色を目に焼き付けながらの99.8km。

一番印象に残ったのは、何といってもこの瞬間でした。



2008年3月12日 一ツ木にて(7004車内より)

2つの期間限定

銀電新塗装+旧塗装の混結
名鉄ではデビュー直後限定の、床下ピカピカグレー

2重に嬉しい1枚でした!

来年あたり、ついに3R2の勢力図は赤<銀となりそうです。
赤+銀の混結も、存分に楽しんでおかねば・・・



2017年6月17日 富士松~豊明にて

赤い電車の走る街

梅雨の晴れ間の昨日、のんびりと撮り鉄してきました。
堤防に腰を落ち着け、友人と話しながら、アングルや焦点距離を変えつつ4時間近く長居。
風があったのでそれほど汗ばむこともなく、いい休日でした。

やっぱり、赤い電車はいいなぁ!


2017年6月17日 富士松~豊明にて

撮影日不詳

初代コンデジを使っていた頃のデータを久しぶりに見返してみました。
あの頃何とも思っていなかったものが、今見ると「撮っておいてよかった」と思うことしきりです。
「なんで撮っておかなかったのか・・・」と思うことも、もちろん多いですが・・・

内海駅のホームに鎮座していた行灯式の発車案内。
「新岐阜」が残っているので2005年以前の撮影か?とも思いますが、P4の「河和⇔富貴」機織り板を撮った記憶があるので以降かも。
・・・しっかり撮影記録を残すのは大事ですね。

内海駅、たぶん10年以上もご無沙汰してます。
変わってしまったもの、変わらないものを訪ねに、久しぶりに足を運んでみようかな?

行灯式発車表示機(内海)re
撮影日不明 内海にて

「パノラマ」の名残

頭上に設けられた停止位置目標は、2階に運転台を持つ「あの車両」がここにいた証。

これが何なのか分からない名鉄ファンも、少しずつ増えてきていることでしょう。

いつまで見られるかな?


2017年5月21日 佐屋にて